複合検索

カートの中を見る

市場調査レポート

スマートフォン/タブレット端末の周辺機器、アクセサリー市場と新ビジネス

L101089

このページを印刷

発刊日 2012-05-25
体裁 A4 / 180ページ
発行 株式会社シード・プランニング
備考 ※本レポートはPDF版単独での販売はございません。
販売価格

種類を選んでこのレポートをカートへ


  • レポート概要
  • レポート詳細
  • サンプルを見る(会員専用)
  • 関連商品を見る
ポイント
  • スマートフォン/タブレット端末の普及による周辺市場(携帯電話/デジタル機器/PC/テレビ)への影響と周辺機器、アクセサリー市場の変化
  • 参入事業者の動向分析/製品の分類とトレンド分析、今後の注目製品は?
  • 2016年までの市場規模予測

端末市場の変化は、周辺市場に大きい影響を与えます。近年の携帯電話市場は、iPhoneをはじめとするスマートフォンの急速な普及により、フィーチャーフォンからスマートフォンへ端末市場がシフトしつつあります。国内スマートフォン/タブレットの販売台数は2011年2,566万台であったものが、2016年には4,910万台までに成長すると見込まれています。また、スマートフォンの加入数も2014年時点で、携帯電話加入数の5割を超えると予想されています。なお、スマートフォン/タブレット端末の普及は、携帯電話市場だけではなく、デジタルカメラなどの周辺のデジタル機器市場やPC、テレビ市場にも影響を与えると予想されます。

このような端末市場の変化により、スマートフォン/タブレット端末まわりの周辺機器やアクセサリー市場も共に急成長しています。例えば、スマートフォン/タブレット端末の専用ケースや保護フィルム、端末のバッテリー消耗をサポートする充電関連商品などの市場が非常に伸びています。

今後は、端末の弱点をサポートする製品だけではなく、逆に端末の新たな活用シーンを広げてくれる周辺機器製品が開発され、さらに周辺機器市場が成長していくと予想します。

本資料では、当市場の主要製品のトレンドや今後の注目領域について分析します。さらに、どのような事業者が、どのような背景で当市場に参入し、どのような取り組みでビジネス展開をしているのかを分析して、市場の今後を展望します。

  • レポート詳細
  • サンプルを見る(会員専用)
  • 関連商品を見る

プレスリリース

本レポートはプレスリリースにも掲載されました。
詳細は以下のページをご覧下さい。

http://www.seedplanning.co.jp/press/2012/2012052501.html


調査方法

各種公開情報等の収集、訪問・電話によるヒアリング調査


調査対象

周辺機器、アクセサリーメーカー、輸入販売事業者、通信キャリア、キャリアショップなど16社
(株式会社アッシー/有限会社Cut & Paste/がうがうインターナショナルジャパン株式会社/シンラクリエイション株式会社/株式会社ハシモト/藤本電業株式会社/フォーカルポイント株式会社/株式会社バズハウスデザイン/株式会社ロア・インターナショナル/株式会社アクト・ツー/エレコム株式会社/株式会社レイ・アウト/株式会社NTTドコモ/株式会社KDDI研究所/ドコモショップ川崎店/ドコモショップ新小岩駅前店)


目次

Ⅰ.総括
  1. スマートフォン/タブレット端末の周辺機器、アクセサリー製品の分類
  2. 参入事業者の分類と参入経緯
  3. 端末の変遷と周辺機器、アクセサリーの変化
  4. 市場規模予測
Ⅱ.端末市場の変化と周辺機器/アクセサリー市場の変化
  1. 携帯電話市場の変化
    (1) フィーチャーフォンからスマートフォン時代へ
    (2) スマートフォン/タブレット端末市場の成長動向
      ① スマートフォン/タブレット端末の販売台数の推移(2010年〜2016年)
      ② スマートフォン/タブレット端末のOS別シェア動向(2010年〜2016年)
  2. 関連デジタル機器市場への影響
  3. PC市場への影響
  4. テレビ市場への影響
  5. 端末市場の変化による周辺機器、アクセサリー市場の変化
Ⅲ.製品の分類とトレンド
  1. 製品分類
  2. 製品トレンド
    (1) 主要製品のトレンド
      ① ケース
      ② 保護フィルム
      ③ その他
    (2) トレンドの特徴
      ① ファッション商品化(若年層、女性ユーザーの拡大)
      ② 実用性の拡大(ビジネス層の拡大)
    (3) 今後の製品トレンド
      ① 消費者需要の細分化→製品の多様化
      ② 市場の二極化→大衆市場は低価格化が進む、高品質/高価製品市場の形成
Ⅳ.事業者動向
  1. 参入事業者動向
    (1) 参入事業者の分類
      ① PC周辺事業からの参入
      ② 携帯電話(フィーチャーフォン) 周辺事業からの参入
      ③ Apple製品関連事業からの参入
      ④ その他業界/新規参入
    (2) 事業者のビジネスモデル
    (3) 主要プレイヤー企業の事業動向
      ① エレコム
      ② バッファロー
      ③ レイ・アウト
      ④ テレホンリース
    (4) 主要参入事業者リスト
      ① 国内主要参入事業者リスト
      ② 国内で商品展開する主要海外メーカー(ブランド) リスト
  2. 周辺機器・アクセサリー製品に対する通信キャリアの取り組み動向
    (1) NTTドコモ
    (2) KDDI/au
    (3) ソフトバンクモバイル
Ⅴ.製造と流通
  1. 製造プロセス
  2. 流通チャネルの分類と特徴
Ⅵ.市場環境
  1. アクセサリー市場
  2. 周辺機器市場
Ⅶ.スマートフォン/タブレット端末の周辺機器、アクセサリー市場規模(国内)
  1. 市場規模予測(2010年〜2016年)
    (1) スマートフォン周辺機器、アクセサリー市場規模/商品別シェア予測
    (2) タブレット端末周辺機器、アクセサリー市場規模/商品別シェア予測
    (3) スマートフォン/タブレット端末関連市場規模/商品別シェア予測
  2. 市場の今後と課題
    (1) 市場の成長性
    (2) 製品カテゴリー別シェアと今後の動向
    (3) 市場成長の促進要因
      ① 端末の普及拡大
      ② ケースと液晶保護フィルムを付ける文化の定着
      ③ 端末の新たな活用シーンの拡大
    (4) 市場成長の抑制要因、課題
      ① アクセサリー市場での事業者同士の価格競争の激化
      ② 端末の機能や素材の進展
Ⅷ.事業者ヒアリング
  1. 調査概要
  2. ヒアリング個票
    (1) 株式会社アッシー
    (2) 有限会社Cut & Paste
    (3) がうがうインターナショナルジャパン株式会社
    (4) シンラクリエイション株式会社
    (5) 株式会社ハシモト
    (6) 藤本電業株式会社
    (7) フォーカルポイント株式会社
    (8) 株式会社バズハウスデザイン
    (9) 株式会社ロア・インターナショナル

  • レポート概要
  • レポート詳細
  • サンプルを見る(会員専用)
  • 関連商品を見る

現在このレポートにはサンプルがございません。

このレポートの購入・見積発行はこちらから
注文番号 レポート種別 販売価格(税込)
在庫状況 数量 単位  
L101089_1 書籍版 104,500円 (本体価格95,000円、消費税9,500円)
在庫有り
L101089_3 書籍+PDF セット版 126,500円 (本体価格115,000円、消費税11,500円)
在庫有り セット

カートへ入れた状態では、まだ購入完了しません。
推移するページで決済を行うか見積書の発行を行う事ができます。

当ページに記載されている市場調査レポートに関するご意見やご質問などございましたら、お気軽にご相談・お申し付けください。

お問い合わせフォームへ

e-mailアドレス

SEEDPLANNING
株式会社シード・プランニング
〒113-0034 東京都文京区湯島3-19-11
湯島ファーストビル 4F
【TEL】 03-3835-9211(代)
【FAX】03-3831-0495

このページの最上部へ

レポートカテゴリー

お知らせ

  • 市場調査レポートダウンロード
  • 市場調査とコンサルティングのお問い合わせ
  • 団体業務支援のお問い合わせ
  • エスピーアイ・インフォメーション
  • プライバシーマーク