複合検索

カートの中を見る

市場調査レポート

2021年版 企業のYouTubeチャンネル 取り組みと活用方法

U06008148

このページを印刷

発刊日 2020-12-28
体裁 A4 / 392ページ
発行 株式会社シード・プランニング
備考
販売価格

種類を選んでこのレポートをカートへ


  • レポート概要
  • レポート詳細
  • サンプルを見る(会員専用)
  • 関連商品を見る
ポイント
  • YouTubeを活用する大小企業の141社の取り組みと戦略を一挙掲載!
  • 企業の事例研究から効果的な動画の作り方、YouTubeへのアプローチ方法!
  • YouTubeを活用する海外先進企業の成功事例を紹介!

2005年4月からサービスを開始したYouTube、設立からわずか1年8ヵ月後にはGoogleがおよそ2000億円でYouTubeを買収、今では月間アクティブユーザーの数が世界で20億人を超える巨大なプラットフォームに成長しました。誰もが好きな動画コンテンツを自分のアカウントに載せて公開できるため、個人的なものから有名人や企業のコンテンツまで想像を絶するほど多様な動画が並びます。YouTubeに広告費を払うと、一定の条件を満たす再生回数の高い動画コンテンツに企業は広告を載せることができるため、YouTubeは巨大な広告ビジネスに成長しました。

他方、YouTubeの活用は企業にとって大きな課題となります。ビジネスにおけるYouTubeの利用方法は人気コンテンツに広告を付けるばかりではなく、注目を集めることができれば広告そのものがコンテンツになります。そして、興味深いコンテンツをあげられるようになれば、その企業やその企業の商品やサービスに注目が集まります。YouTubeは販売戦略の新たな戦場となり、企業は次々と自社のアカウントを作り、野心的なコンテンツをあげますが、その全てが成功するわけではありません。人気のTV番組と注目を集めるYouTube動画では性質が異なります。
また、必ずしもたくさん見られるコンテンツを配信することばかりが唯一の活用方法ではありません。企業によっては、意外な目的でYouTubeを活用する事例も見られます。

本レポートでは、大小さまざまな企業のYouTubeの活用法を分析し、どういった企業がどういったコンテンツを出しているのかを国内外合わせて141社の事例を集め俯瞰しています(各企業がどのように自社のYouTubeチャンネルを作っているのかを、コンテンツの内容から分析しています)。また炎上やクレームといったリスクといかに向き合うか、ヒアリング調査を通して各社の考えもまとめています。

  • レポート詳細
  • サンプルを見る(会員専用)
  • 関連商品を見る

調査項目

◆ 大手企業、中小企業は、提供しているコンテンツを提供

◆ B2C、B2B、研究機関など、あらゆる企業や法人が実践できるYouTubeの活用法について

◆ 企業・法人が動画を発信する時のコンテンツのパターンについて

◆ 成功している企業のこだわりについて

◆ 宣伝や広告収入以外のメリットについて

◆ YouTubeの活用のリスクと、各社はどう向き合い方


調査対象

動画配信を活用する大手企業 ABCマート、ANA Global Channel、DAZN Japan、GMOインターネット、JR東日本、Netflix Japan、SBI証券、THE NORTH FACE JAPAN、アサヒ飲料、カメラのキタムラ、キユーピー、くら寿司、こどもちゃれんじ、シマノ、シャープ、ジュンク堂書店、セコム、セブン‐イレブン・ジャパン、セントラルスポーツ、タカラトミー、テイクアンドギヴ・ニーズ、トヨタイムズ、ドン・キホーテ、ノジマ、ビズリーチ、ヤマハ発動機、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、一条工務店、株式会社Wiz、株式会社ワコム、関西電力、阪急交通社、三井ホーム、三菱電機、大塚家具、中外製薬、島津メディカルシステムズ、東京ディズニーリゾート、東京電力ホールディングス、東進ハイスクール、読売ジャイアンツ、日産、日本ラグビーフットボール協会、富士通、本田技研工業、無印良品、理化学研究所、陸上自衛隊
動画配信を活用する中小・零細企業 CASTDICE TV、CLIP STUDIO、DIY MAGAZINE、Hapa 英会話、Honda Cars 野崎、LAMEI/ラムエイ、Lier.succulent株式会社、MediBang、Tree & Norf、グロービス経営大学、ゴミ屋敷バスター七福神、サトーカメラ、サンワサプライ株式会社、ブルークリーン株式会社、ホワイトベース、メガネショップアイ尼崎店、りらく屋、飲食店独立学校 こうせい校長、学校法人前島学園 上尾寿幼稚園、樺沢紫苑、株式会社DYM、株式会社シェルタージャパン、株式会社ドリームファクトリーワールドワイド、株式会社リップス、株式会社ロペライオ、関斉寛、漁師ワタルの仕事場 Fisherman Wataru、交換できるくん、公認会計士山田真哉事務所、社会保険労務士法人ローム、就活クチコミサイト ONE CAREER、心理カウンセラー・南ユウタ、神奈川日産自動車株式会社、大工の正やん、難関私大専門塾マナビズム、日本さばけるプロジェクト、豊和グループ、北欧、暮らしの道具店、廣瀬クリニック
動画配信を活用する海外の企業(大企業・中小企業) adidas、Amazon、American Express、Apple、Bain & Company Careers、Blendtec、Boeing、Comcast、Ever After High、Facebook App、Goldman Sachs、GoPro、Guitar Center、Intel、Kickstarter、LEGO、Lowe's Home Improvement、MasterClass、Nike、Red Bull、Salesforce、Target、Tesco、The Home Depot、Uber Eats、Ubisoft North America、Victoria's Secret、Bodybuilding.com、Boston Dynamics、DatPiff、Hoover Institution、ModCloth、Moz、Purple、RevZilla、Vat19、Y Combinator
動画配信を活用する国内外のメディア GAZOO、オールニッポン・ニュースネットワーク(All-Nippon News Network)、テレビ東京 卓球チャンネル、日本経済新聞、ABC News、Bloomberg、CNBC、House & Garden、NPR Music、Quartz、Seeker、The Atlantic、The New York Times、The Young Turks、VICE、Vox、Wall Street Journal

目次

はじめに

企業のYouTubeチャンネルの定義

企業がYouTubeを使う利点

Ⅰ. 総括
 1. 本調査における企業のYouTubeチャンネルの3つの分類
 2. 「宣伝型」「対話型」「社外テーマ型」の数の比較

Ⅱ. 企業のYouTubeチャンネルの構成と特徴
 1. 最も一般的な宣伝型の動画コンテンツ
 2. 対話型コンテンツが得意な業種もある
 3. あらゆる業種が活用できる社外テーマ型
 4. チャンネルのコンセプトとスタイル
 5. メディアとコラボレーション
 6. たくさん見られなくても効果のある動画
 7. メディアのYouTubeの利用方法
 8. チャンネルを複数持つ企業もある
 9. YouTubeの性質を活かしたビジネスモデル
 10. YouTubeを活用する企業と関連事業社

Ⅲ. 事例研究の各種集計
 1. チャンネルのサブスクライバーの数
 2. チャンネルの総合再生回数
 3. チャンネルの過去20回の動画1本あたりの平均再生回数
 4. チャンネル開始日
 5. 動画に特定の人物が必ず(あるいはしばしば)出演するか
 6. 特定の場所で動画を撮影しているか
 7. コマーシャルは入るか
 8. 視聴者のコメント
 9. オープニングはあるか
 10. エンディングや動画の最後に出る表示はあるか

Ⅳ. ヒアリング調査 個票
 1. CASTDICE TV
 2. Honda Cars 野崎
 3. ブルークリーン株式会社
 4. メガネshopアイ尼崎店
 5. 株式会社BitStar
 6. 株式会社ワコム
 7. 心理カウンセラー・南ユウタ
 8. 神奈川日産自動車株式会社
 9. 大工の正やん
 10. 日本さばけるプロジェクト

Ⅴ. 事例研究 国内中小企業
 1. CASTDICE TV
 2. CLIP STUDIO
 3. DIY MAGAZINE
 4. Hapa 英会話
 5. Honda Cars 野崎
 6. LAMEI/ラムエイ
 7. Lier.succulent株式会社
 8. MediBang
 9. Tree & Norf
 10. グロービス経営大学
 11. ゴミ屋敷バスター七福神
 12. サトーカメラ
 13. サンワサプライ株式会社
 14. ブルークリーン株式会社
 15. ホワイトベース
 16. メガネショップアイ尼崎店
 17. りらく屋
 18. 飲食店独立学校 こうせい校長
 19. 学校法人前島学園 上尾寿幼稚園
 20. 樺沢紫苑
 21. 株式会社DYM
 22. 株式会社シェルタージャパン
 23. 株式会社ドリームファクトリーワールドワイド
 24. 株式会社リップス
 25. 株式会社ロペライオ
 26. 関斉寛
 27. 漁師ワタルの仕事場 Fisherman Wataru
 28. 交換できるくん
 29. 公認会計士山田真哉事務所
 30. 社会保険労務士法人ローム
 31. 就活クチコミサイト ONE CAREER
 32. 心理カウンセラー・南ユウタ
 33. 神奈川日産自動車株式会社
 34. 大工の正やん
 35. 難関私大専門塾マナビズム
 36. 日本さばけるプロジェクト
 37. 豊和グループ
 38. 北欧、暮らしの道具店
 39. 廣瀬クリニック

Ⅵ. 事例研究 国内大企業
 1. ABCマート
 2. ANA Global Channel
 3. DAZN Japan
 4. GMOインターネット
 5. JR東日本
 6. Netflix Japan
 7. SBI証券
 8. THE NORTH FACE JAPAN
 9. アサヒ飲料
 10. カメラのキタムラ
 11. キユーピー
 12. くら寿司
 13. こどもちゃれんじ
 14. シマノ
 15. シャープ
 16. ジュンク堂書店
 17. セコム
 18. セブン‐イレブン・ジャパン
 19. セントラルスポーツ
 20. タカラトミー
 21. テイクアンドギヴ・ニーズ
 22. トヨタイムズ
 23. ドン・キホーテ
 24. ノジマ
 25. ビズリーチ
 26. ヤマハ発動機
 27. ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
 28. 一条工務店
 29. 株式会社Wiz
 30. 株式会社ワコム
 31. 関西電力
 32. 阪急交通社
 33. 三井ホーム
 34. 三菱電機
 35. 大塚家具
 36. 中外製薬
 37. 島津メディカルシステムズ
 38. 東京ディズニーリゾート
 39. 東京電力ホールディングス
 40. 東進ハイスクール
 41. 読売ジャイアンツ
 42. 日産
 43. 日本ラグビーフットボール協会
 44. 富士通
 45. 本田技研工業
 46. 無印良品
 47. 理化学研究所
 48. 陸上自衛隊

Ⅶ. 事例研究 海外中小企業
 1. Bodybuilding.com
 2. Boston Dynamics
 3. DatPiff
 4. Hoover Institution
 5. ModCloth
 6. Moz
 7. Purple
 8. RevZilla
 9. Vat19
 10. Y Combinator

Ⅷ. 事例研究 海外大企業
 1. adidas
 2. Amazon
 3. American Express
 4. Apple
 5. Bain & Company Careers
 6. Blendtec
 7. Boeing
 8. Comcast
 9. Ever After High
 10. Facebook App
 11. Goldman Sachs
 12. GoPro
 13. Guitar Center
 14. Intel
 15. Kickstarter
 16. LEGO
 17. Lowe's Home Improvement
 18. MasterClass
 19. Nike
 20. Red Bull
 21. Salesforce
 22. Target
 23. Tesco
 24. The Home Depot
 25. Uber Eats
 26. Ubisoft North America
 27. Victoria's Secret

Ⅸ. 事例研究 国内メディア企業
 1. GAZOO
 2. オールニッポン・ニュースネットワーク(All-Nippon News Network)
 3. テレビ東京 卓球チャンネル
 4. 日本経済新聞

Ⅹ. 事例研究 海外メディア企業
 1. ABC News
 2. Bloomberg
 3. CNBC
 4. House & Garden
 5. NPR Music
 6. Quartz
 7. Seeker
 8. The Atlantic
 9. The New York Times
 10. The Young Turks
 11. VICE
 12. Vox
 13. Wall Street Journal


  • レポート概要
  • レポート詳細
  • サンプルを見る(会員専用)
  • 関連商品を見る

このレポートの購入・見積発行はこちらから
注文番号 レポート種別 販売価格(税込)
在庫状況 数量 単位  
U06008148_1 書籍版 132,000円 (本体価格120,000円、消費税12,000円)
在庫有り
U06008148_2 PDF(CD-ROM)版 132,000円 (本体価格120,000円、消費税12,000円)
在庫有り
U06008148_3 書籍+PDF セット版 165,000円 (本体価格150,000円、消費税15,000円)
在庫有り セット

カートへ入れた状態では、まだ購入完了しません。
推移するページで決済を行うか見積書の発行を行う事ができます。

当ページに記載されている市場調査レポートに関するご意見やご質問などございましたら、お気軽にご相談・お申し付けください。

お問い合わせフォームへ

e-mailアドレス

SEEDPLANNING
株式会社シード・プランニング
〒113-0034 東京都文京区湯島3-19-11
湯島ファーストビル 4F
【TEL】 03-3835-9211(代)
【FAX】03-3831-0495

このページの最上部へ

レポートカテゴリー

お知らせ

  • 市場調査レポートダウンロード
  • 市場調査とコンサルティングのお問い合わせ
  • 団体業務支援のお問い合わせ
  • エスピーアイ・インフォメーション
  • プライバシーマーク