複合検索

カートの中を見る

市場調査レポート

DX時代のAIツール活用事例と将来展望

〜 業務支援における人工知能活用で実現する働き方改革 〜

V03072115

このページを印刷

発刊日 2021-08-10
体裁 A4 / 291ページ
発行 株式会社シード・プランニング
備考
販売価格

種類を選んでこのレポートをカートへ

※ダウンロード版の納品方法は、注文後、メール等でご案内します。

※提供形態によるご利用条件の違いや免責事項等、詳細につきましては、「ご利用案内(ヘルプ)」をご覧ください。


  • レポート概要
  • レポート詳細
  • サンプルを見る(会員専用)
  • 関連商品を見る
ポイント
  • 人工知能を活用した業務支援向けパッケージシステム商品(SaaS及びオンプレミス製品)について、参入企業と活用事例を幅広く情報を収集、整理
  • 72社の約100商品について、用途別(経理、人事総務、法務、予測分析、営業・マーケティング、など)に分類。各用途について、現状と動向を分析。
  • 2030年までの人工知能を活用した業務支援向けパッケージシステム商品の市場規模を予測。

IoT化による膨大なデータの蓄積や、ビッグデータの活用、働き方改革、労働人口減少、コロナ渦によるテレワークの浸透、DX推進などの社会変化や技術革新などにより、Sales TechやHR Tech、Accounting Tech、Legal Techなど、様々な領域において業務支援ソリューションに対するニーズが強まり、次々と新たな製品が上市・実用化されています。業務支援ソリューションの中には、人工知能を「人間の働き方を変える機能」として実装しているものもあります。

業務支援ソリューションに人工知能を実装させる目的としては:

① RPAのように、ルーチンワークを自動化することにより、人間を複雑かつ専門的な仕事に専念させることができる。これにより、業務が効率化・省力化され、従業員の業務の専門性が高まることが期待される。

② SFAのように、営業活動をサポートすることで、営業活動の効率化、顧客との信頼構築が図れる。これにより、売上の向上や企業価の向上が期待される。

③ 人工知能による業務の適正化・最適化により、工数の削減が実現。コスト削減や業務効率化に繋がる。

④ 人事システムへの人工知能の搭載により、自社の社風に合った求職者の採用や従業員の適材適所への配属などが可能となる。これにより、従業員のエンゲージメントの向上や早期離職防止に繋がる。

⑤ データ分析・予測により、適切なタイミングでの経営判断を下すことが可能になる。

⑥ 個人の暗黙知や判断基準などによって異なっていた業務が均一化され、アウトプットの質が向上する。

などが挙げられます。

上記は、業務支援ソリューションにおける人工知能利用目的のごく一部に過ぎませんが、人工知能は当初の目指す姿であった、「人間社会に実際にある様々な問題を解決すること」に着実に近づいていることがわかります。また、本調査資料では、①~⑥に挙げた目的以外で用いられている人工知能も多く出現するでしょう。

一方で、人工知能を「人の職業を奪うもの」と認識し、脅威と感じる人も少なからずいます。オックスフォード大学のマイケル・オズボーン教授は、兼ねてより職業別に機械に代替される可能性の高さを数値化、ランキングとして発表し、世界中で大きな話題となりました。また、アメリカの実業家であるレイ・カーツワイル氏らが「2029年にAIが人間並みの知能を備え、2045年にシンギュラリティ(技術的特異点)が来る」ことを提唱し、話題になったことも記憶に新しいです。

しかし、人工知能はあくまでも人の生活をよりよいものとするツールの1つであり、人がそれに支配されるようなことはあってはなりません。人工知能が導き出した回答を、ビジネスや生活に活かすか否か、最終判断を下すのは、人間です。人工知能の実用化が本格化する中で、「人工知能がなぜその判断を出したのかわからない・説明できない」という問題に注目が集まりつつあります。このような人工知能はしばしば「ブラックボックス型AI」と呼ばれています。このような問題を解決すべく、昨今では人工知能が導出した回答に対する人間の説明責任が果たせるような「説明可能なAI」「説明できるAI」(一部企業では「ホワイトボックス型AI」と呼称)が開発され、実用化が始まっています。

本調査資料は、如何なる企業にも存在する営業部門や人事部門、経理部門、法務部門、経営戦略部門などに向けたパッケージ商品(SaaS及びオンプレミス製品)への人工知能の活用について、参入企業と活用事例を幅広く情報を収集、整理したものです。当該市場の関連企業や、参入や提携を検討する企業、もしくはサービス導入を検討する企業の皆様に、本調査資料がご活動の一助となれば幸いです。

  • レポート詳細
  • サンプルを見る(会員専用)
  • 関連商品を見る

プレスリリース

本レポートはプレスリリースにも掲載されました。
詳細は以下のページをご覧下さい。

http://www.seedplanning.co.jp/press/2021/2021081601.html


本編目次

はじめに

調査概要

第1章 総括
 1. 業務支援における人工知能活用ビジネスの業界構造
 2. 何故「AI ソリューション」が大事なのか?
 3. AI を用いた業務支援ソリューション市場動向
  (1)概略及び市場規模
  (2)各セグメントの現状と動向(概要)
  (3)主な参入企業と提供ソリューション

第2章 業務別 人工知能活用状況総括
 1. 予測分析ソリューション
  (1)概略
  (2)予測分析ソリューションへの人工知能活用状況
  (3)予測業務へ人工知能を活用することによる効果
  (4)市況と今後の動向
 2. 収益向上関連業務(マーケティング・営業、など)
  (1)概略
  (2)収益向上関連業務に用いられる人工知能技術
  (3)収益向上関連業務へ人工知能を活用することによる効果
  (4)市況と今後の動向
 3. ナレッジ共有ソリューション
  (1)概略
  (2)ナレッジ共有ソリューションに用いられる人工知能技術
  (3)ナレッジ共有ソリューションへ人工知能を活用することによる効果
  (4)今後の動向
 4. 人事総務関連業務
  (1)概略
  (2)人事総務関連業務への人工知能活用状況
  (3)人事総務関連業務へ人工知能を活用することによる効果
  (4)市況と今後の動向
 5. 経理関連業務
  (1)概略
  (2)経理業務関連ソリューションへの人工知能活用状況
  (3)経理関連業務へ人工知能を活用することによる効果
  (4)市況と今後の動向
 6. 法務・リスク管理業務
  (1)概略
  (2)法務・リスク管理業務への人工知能活用状況
  (3)法務・リスク管理業務へ人工知能を活用することによる効果
  (4)市況と今後の動向

第3章 取材企業個票
 1. Sansan 株式会社
 2. freee 株式会社
 3. 弥生株式会社
 4. 株式会社KAKEAI
 5. 株式会社ミツカリ
 6. 株式会社FRONTEO
 7. 株式会社LegalForce
 8. 株式会社インターパーク
 9. コグニザントジャパン株式会社
 10. ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
 11. 株式会社JSOL
 12. 株式会社Idrasys
 13. SAP ジャパン株式会社

第4章 参入企業個票(オープン個票)
 1. NEC ソリューションイノベータ株式会社
 2. アルプス システム インテグレーション株式会社
 3. エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ株式会社
 4. 富士通株式会社
 5. グーグル合同株式会社
 6. ストックマーク株式会社
 7. 株式会社エクサウィザーズ
 8. 株式会社セールスフォース・ドットコム
 9. 株式会社ワークスアプリケーションズ・エンタープライズ
 10. 日本マイクロソフト株式会社
 11. LawFlow 株式会社
 12. HiTTO 株式会社
 13. KPMG コンサルティング株式会社
 14. NDI ソリューションズ株式会社
 15. 株式会社AI Shift
 16. 株式会社アトラエ
 17. 株式会社ニーズウェル
 18. 株式会社日立ソリューションズ
 19. GVA TECH 株式会社
 20. 株式会社Legalscape
 21. 株式会社ディー・オー・エス
 22. 株式会社オービックビジネスコンサルタント
 23. 株式会社コンシェルジュ
 24. 株式会社マツリカ
 25. 日本電気株式会社
 26. PwC あらた有限責任監査法人
 27. アーバン・コーポレーション株式会社
 28. アライズイノベーション株式会社
 29. スーパーストリーム株式会社
 30. スターティアレイズ株式会社
 31. ソリマチ株式会社
 32. ディヴォートソリューション株式会社
 33. ノシクミ株式会社
 34. マネーツリー株式会社
 35. 応研株式会社
 36. 株式会社LayerX
 37. 株式会社マネーフォワード
 38. 株式会社ミロク情報サービス
 39. タレンタ株式会社
 40. 株式会社FiNC Technologies
 41. 株式会社ビズリーチ
 42. 株式会社プラスアルファ・コンサルティング
 43. 株式会社電通国際情報サービス
 44. 株式会社サイバーセキュリティクラウド
 45. 株式会社ビスタクルーズ
 46. 株式会社リセ
 47. 株式会社日本法務システム研究所
 48. Baseconnect 株式会社
 49. エッジテクノジー株式会社
 50. ゾーホージャパン株式会社
 51. 株式会社NI コンサルティング
 52. 株式会社ナノコネクト
 53. ネオス株式会社
 54. 株式会社ギブリー
 55. 住友電工情報システム株式会社
 56. 日本アイ・ビー・エム株式会社
 57. アルテアエンジニアリング株式会社
 58. 株式会社GRI
 59. アマゾンジャパン合同会社


  • レポート概要
  • レポート詳細
  • サンプルを見る(会員専用)
  • 関連商品を見る

現在このレポートにはサンプルがございません。

このレポートの購入・見積発行はこちらから
注文番号 レポート種別 販売価格(税込)
V03072115_10001 書籍版 165,000円 (本体価格150,000円、消費税15,000円)
V03072115_10002 PDF(CD-ROM)版 165,000円 (本体価格150,000円、消費税15,000円)
V03072115_10003 PDF(ダウンロード)版 165,000円 (本体価格150,000円、消費税15,000円)
V03072115_10004 書籍+PDF(CD-ROM)セット版 198,000円 (本体価格180,000円、消費税18,000円)
V03072115_10005 書籍+PDF(ダウンロード)セット版 198,000円 (本体価格180,000円、消費税18,000円)
V03072115_10006 PDFコーポレート版 412,500円 (本体価格375,000円、消費税37,500円)

カートへ入れた状態では、まだ購入完了しません。
推移するページで決済を行うか見積書の発行を行う事ができます。

当ページに記載されている市場調査レポートに関するご意見やご質問などございましたら、お気軽にご相談・お申し付けください。

お問い合わせフォームへ

e-mailアドレス

SEEDPLANNING
株式会社シード・プランニング
〒113-0034 東京都文京区湯島3-19-11
湯島ファーストビル 4F
【TEL】 03-3835-9211(代)
【FAX】03-3831-0495

このページの最上部へ

レポートカテゴリー

お知らせ

  • 市場調査レポートダウンロード
  • 市場調査とコンサルティングのお問い合わせ
  • 団体業務支援のお問い合わせ
  • エスピーアイ・インフォメーション
  • プライバシーマーク