複合検索

カートの中を見る

市場調査レポート

2009年版 日本の排出量取引の現状と企業動向調査

I084975

このページを印刷

発刊日 2009-02-16
体裁 A4 / 200ページ
発行 株式会社シード・プランニング
備考
販売価格

種類を選んでこのレポートをカートへ


  • レポート概要
  • レポート詳細
  • サンプルを見る(会員専用)
  • 関連商品を見る
ポイント
  • 排出量取引への取組状況は?日本企業165社にアンケートを実施
  • 業種ごとの環境対策、排出量取引に対する意識を分析
  • 排出量取引を仲介・転売する企業にヒアリング 排出量取引の現状を整理、分析

2005年に発効された京都議定書によると、日本の温室効果ガスの削減目標は1990年比にして6%減と定められていますが、この数値は国内対策だけでは実現が難しいといわれており、様々な対策の一つとして日本企業への排出量削減義務と排出量取引の実施を導入する必要性が高いとみられております。その先駆けとして2008年10月より試行的な国内取引が開始されました。

本格的な排出量取引が始まったときに、企業はどのような対策を行えばよいのでしょうか。既に排出量取引に向けて動き始めている企業や、カーボンオフセットなど、排出量をマーケティングに活用している企業も数多くあります。

本資料では、排出量取引に向けて行うべき対策を検討される際にお役立ていただく資料となることを目的とし、排出量取引の現状を整理し、日本企業の取組状況を業種、企業規模、環境対策への意識ごとに分析を行います。

  • レポート詳細
  • サンプルを見る(会員専用)
  • 関連商品を見る

プレスリリース

本レポートはプレスリリースにも掲載されました。
詳細は以下のページをご覧下さい。

http://www.seedplanning.co.jp/press/2009/2009031801.html


調査対象

【排出量仲介、転売企業、カーボンオフセットプロバイダ】−ヒアリング
ナットソースジャパン、丸紅、三井住友銀行、三菱UFJ証券、リサイクルワン
【日本主要企業】−アンケート
日本企業 165社

目次項目

1. 総括
2. 排出量取引制度の概要
3. 企業アンケート分析結果
4. 業種ごとの排出量取引への取組状況
5. アンケート概要
6. ヒアリング個票
付録1. 国内排出量取引の試行的実施への参加申請企業リスト
付録2. クレジット保有のための口座開設法人一覧
付録3. 日本政府承認CDM/JIプロジェクト一覧


このレポートの購入・見積発行はこちらから
注文番号 レポート種別 販売価格(税込)
在庫状況 数量 単位  
I084975_999 書籍版 102,600円 (本体価格95,000円、消費税7,600円)
在庫有り

カートへ入れた状態では、まだ購入完了しません。
推移するページで決済を行うか見積書の発行を行う事ができます。

当ページに記載されている市場調査レポートに関するご意見やご質問などございましたら、お気軽にご相談・お申し付けください。

お問い合わせフォームへ

e-mailアドレス

SEEDPLANNING
株式会社シード・プランニング
〒113-0034 東京都文京区湯島3-19-11
湯島ファーストビル 4F
【TEL】 03-3835-9211(代)
【FAX】03-3831-0495

このページの最上部へ

レポートカテゴリー

お知らせ

  • 市場調査レポートダウンロード
  • 市場調査とコンサルティングのお問い合わせ
  • 団体業務支援のお問い合わせ
  • エスピーアイ・インフォメーション
  • プライバシーマーク