複合検索

カートの中を見る

市場調査レポート

2009年版 電子マネー関連ビジネスの最新動向調査

I071873

このページを印刷

発刊日 2009-04-27
体裁 A4 / 188ページ
発行 株式会社シード・プランニング
備考 ※ご発注後に印刷するため、5営業日以内に発送いたします。
販売価格

種類を選んでこのレポートをカートへ


  • レポート概要
  • レポート詳細
  • サンプルを見る(会員専用)
  • 関連商品を見る
  • 主要電子マネーの発行枚数、月間利用件数、加盟店数(端末数)
    Edy、Suica、PASMO、ICOCA、PiTaPa、nanaco、WAON、Pidel、QUICPay、Visa Touch、Smartplus、iD、他
  • 交通系非接触IC カードの発行枚数、普及エリア、相互利用状況
  • 電子マネー発行事業者の動向と今後のビジネス展開
  • 加盟店の電子マネー導入状況と利用率
  • 業界別小額決済市場の動向と電子マネー普及の可能性
    コンビニエンスストア、スーパー、自動販売機、ファストフード、ドラッグストア、他
  • おサイフケータイ対応端末の普及状況と会員数の推移
  • 電子マネーをめぐる法整備の動向
  • 2013 年度までの市場規模予測(〜2013 年度)
    今後の電子マネー市場の成長は?!市場のポテンシャルと普及シナリオ

2007 年の春に、首都圏私鉄・バス事業者の「PASMO」や、大手流通グループのセブン&アイとイオンから「nanaco」や「WAON」といった新たな電子マネーブランドが相次いで登場し、2007 年は「電子マネー元年」、「電子マネー激戦の年」と言われました。
その後約2 年間で、各電子マネーの利用エリアは順調に拡大し、利用者数も増加しています。本調査レポートは、電子マネー発行事業者と加盟店の両方をヒアリング取材し、拡大する電子マネー市場の現状と課題、および2013 年までの普及予測を行うものです。

  • レポート詳細
  • サンプルを見る(会員専用)
  • 関連商品を見る

プレスリリース

本レポートはプレスリリースにも掲載されました。
詳細は以下のページをご覧下さい。

http://www.seedplanning.co.jp/press/2009/2009061801.html


調査方法

ヒアリング調査、公表資料の収集・整理


調査期間

2008年11月〜2009年3月


調査項目

I.総括
  1. 電子マネーの市場規模予測
  2. 業態別電子マネーの普及状況
  3. 電子マネー関連事業者
  4. 電子マネー普及の課題と将来展望
  5. ヒアリング取材のまとめ
II.電子マネー市場動向
  1. 電子マネーのビジネスモデル
  2. 国内の主要電子マネー別普及状況
  3. 交通系非接触IC カードの普及状況
III.業態別電子マネー普及状況
IV.貨幣流通状況と個人消費支出
V.法整備動向
VI.取材個票
  1. 電子マネー発行事業者
    ビットワレット、東京急行電鉄、アイワイ・カード・サービス、ビザ・ワールド・ワイドジャパン、三菱UFJ ニコス、エヌ・ティ・ティ・ドコモ
  2. 加盟店
    サークルK サンクス、エーエム・ピーエム・ジャパン・ミニストップ、エム・ピー・ソリューション、大手書店、ビーアンドブィ、中央無線タクシー、新日本石油、パーク24、ライトオン、ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ

このレポートの購入・見積発行はこちらから
注文番号 レポート種別 販売価格(税込)
在庫状況 数量 単位  
I071873_999 書籍版 104,500円 (本体価格95,000円、消費税9,500円)
在庫なし

カートへ入れた状態では、まだ購入完了しません。
推移するページで決済を行うか見積書の発行を行う事ができます。

当ページに記載されている市場調査レポートに関するご意見やご質問などございましたら、お気軽にご相談・お申し付けください。

お問い合わせフォームへ

e-mailアドレス

SEEDPLANNING
株式会社シード・プランニング
〒113-0034 東京都文京区湯島3-19-11
湯島ファーストビル 4F
【TEL】 03-3835-9211(代)
【FAX】03-3831-0495

このページの最上部へ

レポートカテゴリー

お知らせ

  • 市場調査レポートダウンロード
  • 市場調査とコンサルティングのお問い合わせ
  • 団体業務支援のお問い合わせ
  • エスピーアイ・インフォメーション
  • プライバシーマーク