複合検索

カートの中を見る

市場調査レポート

教育ICTの最新動向と市場展望 2012

〜教育用タブレット、電子黒板、デジタル教科書〜

M011722

このページを印刷

発刊日 2012-05-30
体裁 A4 / 160ページ
発行 株式会社シード・プランニング
備考
販売価格

種類を選んでこのレポートをカートへ


  • レポート概要
  • レポート詳細
  • サンプルを見る(会員専用)
  • 関連商品を見る
ポイント
  • 教育用タブレット、電子黒板、デジタル教科書の参入企業・市場分析
  • 教育用タブレットの参入動向・市場拡大の可能性は!/ 電子教科書や教材などの教育用コンテンツの動向!
  • 教育ICT市場規模とメーカーシェア、日本・世界 今後の市場予測(2008年〜2016年)

2009年、補正予算で事業総額4,081億円の「学校ICT環境整備事業」がスタートしました。しかし、同年8月に自民党から民主党に政権交代し民主党の事業仕分けの対象になり大きな注目を浴びました。最終的には当初予算の40%程度が執行停止となりましたが、デジタルテレビや電子黒板、教育用・校務用PCの導入、校内LAN整備が例年以上に進みました。2010年は2009年の反動で大幅減少となりましたが、iPadの発売もあり、教育分野でのICT活用の普及・促進は注目されています。

本資料では、教育ICTの第3弾の調査資料です。教育ICT市場の現状と最新動向をハード・ソリューション・コンテンツの多方面から分析、市場規模、有望コンテンツを明らかにします。

  • レポート詳細
  • サンプルを見る(会員専用)
  • 関連商品を見る

プレスリリース

本レポートはプレスリリースにも掲載されました。
詳細は以下のページをご覧下さい。

http://www.seedplanning.co.jp/press/2012/20120604101.html


調査対象

教育ICTのハード、ソフト、ソリューション取り扱い企業、教科書メーカー、教育関係の公共団体 他


調査方法

主要企業の個別訪問ヒアリング、公表資料の収集・整理


調査期間

2012年1月〜2012年5月


目次

Ⅰ.総括
  1. 教育ICTとは何か
  2. 教育ICTがなぜ注目されているのか
  3. 行政・民間企業・団体の動向
  4. 海外の動向
  5. 電子黒板の動向
  6. 教育用タブレットの動向
  7. デジタル教科書の動向
  8. 教育ICTのハード市場
    (1) 世界市場(金額)
    (2) 日本市場(金額)
  9. 電子黒板の日本市場
  10. 教育用タブレットの日本市場
Ⅱ.教育ICTの動向
  1. 全体動向
    (1) 概要
      1) 教育ICTの定義と構成
      2) 教育ICTのハードとコンテンツ
      3) 教育ICTの工程表
    (2) 電子黒板
      1) 国内の普及状況
      2) 電子黒板のタイプ
      3) 電子黒板とデジタル教科書
      4) デジタル教科書連携サービス
    (3) 教育用タブレット
      1) 学習者用デジタル教科書
      2) 韓国の動向
  2. 教育ICT推進動向
    (1) 総務省
      1) フューチャースクール推進事業
      2) 地域雇用創造ICT絆プロジェクト
      3) 教育ICTガイドライン2011
    (2) 文部科学省
      1) 学校ICT環境整備事業
      2) 学びのイノベーション事業
      3) 教育の情報化ビジョン
    (3) 民間企業・団体
      1) 教育スクウェア×ICT
      2) 魔法のプロジェクト
      3) デジタル教科書・教材協議会(DiTT)
      4) KDDIのトライアル
Ⅲ.製品動向
  1. 電子黒板
    (1) 全体動向
      1) タイプ別参入動向
      2) タイプ別製品数
    (2) ボード型
      1) センサー配置動向
      2) ISシリーズ/内田洋行
      3) EBシリーズ/セイコーエプソン
      4) Smart Board/SMART Technologies
      5) elite Panaboard/パナソニックシステムネットワークス
      6) CP-AW2519NJ/日立コンシューマエレクトロニクス
      7) StarBoard/日立ソリューションズ
    (3) ディスプレイ一体型
      1) 概要
      2) ディスプレイ一体型/内田洋行
      3) BIG PAD/シャープシステムプロダクト
      4) CYBERBOARD/パイオニアソリューションズ
      5) StarBoard/日立ソリューションズ
    (4) ユニット型
      1) 概要
      2) ユニット型/内田洋行
      3) ELPIU02/セイコーエプソン
      4) SBID400シリーズ/ SMART Technologies
      5) CYBERBOARD/パイオニアソリューションズ
      6) Mimio Teach/ニューウェル・ラバーメイド・ジャパン
      7) StarBoard/日立ソリューションズ
      8) UPICシリーズ/プラス
  2. 教育用タブレット
    (1) 全体動向
      1) 実証実験採用製品
      2) 求められる機能
    (2) 民生用製品
      1) iPad/Apple
      2) GALAXY Tab/SAMSUNG
      3) FOLIO 100/東芝
      4) XOOM/Motorola
    (3) 業務用製品
      1) CM1/東芝
      2) FMV-T8190/富士通
      3) LIFEBOOK T730/富士通
      4) Life Touch/NEC
      5) STYLISTIC/富士通
      6) JL-T100/シャープ
Ⅳ.教育ICTの市場動向
  1. 教育ICTハード市場
    (1) 世界市場規模推移・予測
      1) 台数市場
      2) 金額市場
    (2) 日本市場規模推移・予測
      1) 台数市場
      2) 金額市場
  2. 電子黒板市場
    (1) 世界市場
      1) 市場規模推移
      2) 市場規模予測
      3) タイプ別設置台数シェア
      4) メーカー別設置台数シェア
    (2) 日本市場
      1) 市場規模推移
      2) 市場規模予測
      3) タイプ別設置台数シェア
      4) メーカー別設置台数シェア
  3. 教育用タブレット市場
    (1) 世界市場規模推移・予測
    (2) 日本市場規模推移・予測
Ⅴ.企業動向
企業動向一覧
<キャリア>
  1. 日本電信電話
  2. KDDI
<業務用機器>
  1. 内田洋行
  2. シャープシステムプロダクト
  3. セイコーエプソン
  4. 日本スマートテクノロジーズ
  5. パイオニアソリューションズ
  6. パナソニック システムネットワークス
  7. ニューウェル・ラバーメイド・ジャパン
  8. 日立ソリューションズ
<パソコン>
  1. 東芝
  2. 富士通
<デジタル教科書>
  1. 東京書籍
  2. 光村図書出版
<その他>
  1. 文部科学省
Ⅵ.参考データ
  1. 教育分野におけるビデオコミュニケーションの動向
  2. 教育分野におけるタブレット端末の動向

このレポートの購入・見積発行はこちらから
注文番号 レポート種別 販売価格(税込)
在庫状況 数量 単位  
M011722_1 書籍版 132,000円 (本体価格120,000円、消費税12,000円)
在庫有り
M011722_2 PDF(CD-ROM)版 132,000円 (本体価格120,000円、消費税12,000円)
在庫有り
M011722_3 書籍+PDF セット版 165,000円 (本体価格150,000円、消費税15,000円)
在庫有り セット

カートへ入れた状態では、まだ購入完了しません。
推移するページで決済を行うか見積書の発行を行う事ができます。

当ページに記載されている市場調査レポートに関するご意見やご質問などございましたら、お気軽にご相談・お申し付けください。

お問い合わせフォームへ

e-mailアドレス

SEEDPLANNING
株式会社シード・プランニング
〒113-0034 東京都文京区湯島3-19-11
湯島ファーストビル 4F
【TEL】 03-3835-9211(代)
【FAX】03-3831-0495

このページの最上部へ

レポートカテゴリー

お知らせ

  • 市場調査レポートダウンロード
  • 市場調査とコンサルティングのお問い合わせ
  • 団体業務支援のお問い合わせ
  • エスピーアイ・インフォメーション
  • プライバシーマーク