複合検索

カートの中を見る

市場調査レポート

個別化医療・創薬のための大規模ゲノムコホート研究の最新動向

N07056113

このページを印刷

発刊日 2014-04-21
体裁 A4 / 242ページ
発行 株式会社シード・プランニング
備考
販売価格

種類を選んでこのレポートをカートへ


  • レポート概要
  • レポート詳細
  • サンプルを見る(会員専用)
  • 関連商品を見る
  • コホート研究とは何か?
  • ゲノムコホート研究、バイオバンク事業の意義と価値、その成果とは
  • 大規模ゲノムコホート研究がもたらす未来型「個別化医療・予防」の姿
  • 2013年6月開催 公開シンポジウムの講演内容を全て収録

コホート研究とは、ある特定の集団を長期にわたって追跡調査し、<病気と健康の因果関係>を明らかにする研究手法のひとつです。かつてのコホート研究は、生活習慣と疾患――例えば、塩分の摂取量と高血圧の関係を裏付けるようなシンプルなものでしたが、近年のめざましいゲノム解析技術の進歩により、遺伝子多型(SNP)などを組み合わせ、あらゆる疾患を対象とした研究が可能となって来ました。さらには、ゲノムのみならず、エピゲノム、トランスクリプトーム、プロテオーム、メタボロームなど、生体機能分子を多層的に解析する「オミックス解析」を用いた、新時代のコホート研究が展開されようとしています。また、集められた生体試料などを保管したり、診療情報と解析情報とを合わせたデータベース(バイオバンク)の構築、そして既存コホート間の連携といった、大規模コホート研究への基盤整備も各所で進みつつあります。

現在、すでに、がん、糖尿病、脳卒中などの<病気のなりやすさ>に関係する疾患関連遺伝子や、<薬の効きやすさ><副作用の出やすさ>に関わる薬剤応答性遺伝子などが判り始めています。大規模コホートの推進により、有用な新規バイオマーカーを用いた薬剤や診断法の開発がなされれば、エビデンスに基づいた、国民ひとりひとりに最適な治療や予防、即ち、「個別化・層別化医療」の実現が可能となります。

製薬のみならず、医療デバイスやデータ通信、食品関連など、多様な産業と結び付き、産業界に大きなイノベーションをもたらすと期待される、大規模コホート研究。一方で、生命情報というビッグデータを解析するための、バイオ・インフォマティシャンの不足、計算機環境の整備不足など、課題もみられます。

本レポートでは、2013年6月に開催した公開シンポジウム「個別化医療・創薬への貢献を目指すコホート研究の新展開」の講演内容と、新たに行ったヒアリング取材を中心に、国内のコホート研究の現状と課題を整理し、その将来像とビジネス展望についてまとめました。

  • レポート詳細
  • サンプルを見る(会員専用)
  • 関連商品を見る

プレスリリース

本レポートはプレスリリースにも掲載されました。
詳細は以下のページをご覧下さい。

http://www.seedplanning.co.jp/press/2014/2014043001.html


調査方法

シンポジウム講演、各コホート事業へのヒアリング、Webおよび文献データの収集・整理


調査内容

第1章 背景
 1-1. 「コホート研究」とは
 1-2. 疾患コホート研究と健常者コホート研究
 1-3. 従来のコホート研究とゲノムコホート研究
 1-4. 個別化予防・個別化医療と大規模ゲノムコホート研究の関係性
 1-5. バイオバンク事業とは
 1-6. 大規模ゲノムコホート研究、バイオバンク事業推進に向けた国の動向

第2章 総括
 2-1. 海外のゲノムコホート研究、バイオバンク事業の現状
 2-2. 日本国内の主要なゲノムコホート研究、バイオバンク事業
 2-3. 日本国内における注目ゲノムコホート事業
 2-4. 大規模ゲノムコホート研究、バイオバンク事業の運営・解析コスト
 2-5. 大規模ゲノムコホート研究、バイオバンク事業の成果とは
 2-6. 大規模ゲノムコホート研究の課題
 2-7. 大規模ゲノムコホート研究の推進と成果創出に必要なパートナーとは
 2-9. ゲノムコホート研究の成果の活用・波及に向けて

第3章 シンポジウム「個別化医療・創薬への貢献を目指すコホート研究の新展開」講演録/
    各コホート研究・バイオバンク事業代表研究者へのヒアリング結果

  ※ヒアリング内容…講演内容の解説、共同研究実績、製薬企業やシステム事業者に望むこと、
   人材育成への取り組み など

 3-1. 【バイオバンク・ジャパン(オーダーメイド医療実現化プロジェクト)】
     久保充明氏: 理化学研究所統合生命医科学研究センター 疾患多様性医科学研究部
            副センター長
     「オーダーメイド医療実現化プロジェクトが目指す個別化医療」講演録、
      ヒアリング調査結果のまとめ

 3-2. 【ナショナルセンター・バイオバンクネットワークプロジェクト】
     髙坂新一氏: 国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 所長
     「ナショナルセンター・バイオバンクネットワークの構築に向けた取り組み」講演録、
      ヒアリング調査結果のまとめ

 3-3. 【多目的コホート研究(JPHC-Study)】/
    【次世代多目的コホート研究(JPHC-NEXT)】/
    【がん予防・検診研究センター受診者コホート】
     津金昌一郎氏: 国立がん研究センター がん予防・検診研究センター センター長
     「健常者コホート研究:国立がん研究センターにおける取り組み」講演録、
      ヒアリング調査結果のまとめ

 3-4. 【東北大学 東北メディカル・メガバンク機構】
     山本雅之氏: 東北大学 東北メディカル・メガバンク機構 機構長
     「東日本大震災からの創造的復興と東北メディカル・メガバンクプロジェクト」講演録、
      ヒアリング調査結果のまとめ

 3-5. 質疑応答・総合討論


  • レポート概要
  • レポート詳細
  • サンプルを見る(会員専用)
  • 関連商品を見る

現在このレポートにはサンプルがございません。

このレポートの購入・見積発行はこちらから
注文番号 レポート種別 販売価格(税込)
在庫状況 数量 単位  
N07056113_1 書籍版 21,600円 (本体価格20,000円、消費税1,600円)
在庫有り

カートへ入れた状態では、まだ購入完了しません。
推移するページで決済を行うか見積書の発行を行う事ができます。

当ページに記載されている市場調査レポートに関するご意見やご質問などございましたら、お気軽にご相談・お申し付けください。

お問い合わせフォームへ

e-mailアドレス

SEEDPLANNING
株式会社シード・プランニング
〒113-0034 東京都文京区湯島3-19-11
湯島ファーストビル 4F
【TEL】 03-3835-9211(代)
【FAX】03-3831-0495

このページの最上部へ

レポートカテゴリー

お知らせ

  • 市場調査レポートダウンロード
  • 市場調査とコンサルティングのお問い合わせ
  • 団体業務支援のお問い合わせ
  • エスピーアイ・インフォメーション
  • プライバシーマーク